◎ご利用規約

<注意事項> メールサービス

  1. 転送先メールアドレスがお客様個人のものでないことが判明した場合(転送先 のメールアドレスの方からクレームが寄せられる等)、メールアカウントを削除させて いただきます。
  2. パーフェクトメールアドレスを業務利用することは出来ません。業務利用ご希望 の場合は、当社法人サービスをご利用ください。ご利用状況が業務利用と判断 される場合は、当該アカウントを削除させて頂きます。
  3. このサービスを法律に違反する行為に利用したり、他人に迷惑をかける行為と、 こちらが判断した場合(無差別的なメールによる営業活動、ウイルスの送付等)、 メールアカウントを削除させていただきます。
  4. 上記に該当する場合、お支払いいただきました料金は返却致しかねますので、 あらかじめご了承ください。

【パーフェクトメール利用規約】

第1条 会員
会員とは、本規約の条件を承諾の上、パーフェクトメールサービスの利用を申し込み、サイバーキャスト・ジャパン株式会社(以下CCJと略す)が認めた方をいうものとします。
第2条 規約の適用範囲
本規約は、パーフェクトメールサービスの利用に関してCCJと会員と間の一切の関係に適用されるものとします。
第3条 規約の変更
CCJはお客様に事前に通知することなく本規約を変更することがあります。変更後の本規約もお客様とCCJとの間の一切の関係に適用されます。
第4条 変更の届け出
会員はCCJに届け出ている内容に変更が生じた場合、速やかにCCJに届け出るものとします。
第5条 退会

1)会員が退会を希望する場合、速やかにその旨をCCJに届けるものとします。

2)CCJは、退会する会員に対して一切、既に支払われた料金を返却いたしません

第6条 会員資格の取り消し・パーフェクトメールサービスの停止

1)会員が以下に該当する場合、CCJあるいはCCJが指定した者は、会員に対して事前に通告することなく当該会員の会員資格の取り消し、またはパーフェクトメールサービスの停止を行うことができるものとします。

1.CCJへの届け出内容に虚偽があった場合。

2.契約期間満了までに、更新に必要な使用料金が支払われなかった場合。

3.本規約の規定に違反する行為をした場合。

4.その他、会員として不適切とCCJが判断した場合。

2)前項により、会員が本規約の契約を解除された場合、またはCCJがパーフェクトメールサービスを停止した場合、CCJは一切既に支払われた料金の払い戻しをいたしません。

3)CCJは、国際法上の理由等により、会員の契約しているメールアドレスが使用できなくなった場合、速やかに代替のメールアドレスを発行することによって、契約を継続することとする。

第7条 契約期間
1)パーフェクトメールサービスの契約期間は3ヶ月/6ヶ月/1年間とします。(支払方法による/以後任意の期間、継続使用することが可能)
第8条 利用料金と支払い

1)パーフェクトメールサービスの利用において1ヶ月あたり300円(消費税別)の利用料金をCCJの指定する方法により支払うものとします。

2)CCJは、会員の承諾を得ずに、利用料金の改定または部分的変更を行うことができるものとします。

3)会員は契約更新時から改定または変更後の料金規定に規定された料金を所定の手続 きで支払うものとします。

4)会員が使用するコンピュータ・システム及び通信機器等の設置に関する費用、パーフェクトメールサービスを利用するために要した電話料金、インターネット接続業者の電子メール転送サービス利用料及び各種申請料は会員の負担とします。

5)会員の退会、会員資格の取り消し、その他いかなる理由においてもCCJは一切既に支払われた料金の払い戻しに応じないものとします。

第9条 メールアカウント、カスタマーID及びパスワードの管理

1)会員は自身のメールアカウント、パスワード、カスタマーID等について責任を持って管理するものとします

2)会員の管理不十分、またはその他いかなる理由によっても、会員側から第三者にメールアカウント・パスワード・カスタマーナンバーが漏れ、不正使用された場合、会員は全ての損害について責任を持つものとします。

第10条 利用者側の準備
会員は自己の責任において、パーフェクトメールサービスを利用するために必要な、通信機器、ソフトウェア、電話利用契約、及びインターネット接続利用契約等を用意するものとします。
第11条 権利侵害

1)会員は権利者の承諾を得ずに第三者の著作物及び創作物の違法な公表、複製、変更、翻訳等の権利侵害を行った場合、会員自身に責任が帰属し、CCJでは一切責任を負わないものとします。

2)会員が当社のパーフェクトメールサービスを使用してインターネット上において文章、画像、 映像、音楽、ソフトウェア等を公開する場合、第三者の著作権及びその他の権利を侵害しないものとします。

第12条 パーフェクトメールサービスの利用

1)会員は本規約及びCCJの指示に従いパーフェクトメールサービスを利用するものとし ます。

2)会員はパーフェクトメールサービスを通じて送信する情報に対して一切の責任を負うものとし、CCJでは一切関知しないものとします。

3)会員はパーフェクトメールサービスを通じて他の会員や第三者に対して損害を与えた場合、または他の会員や第三者と紛争が生じた場合、自己の責任と費用において問題を解決し、CCJに一切損害を与えないものとします。

第13条 禁止される行為

1)CCJとの契約において取得された電子メールアドレスの他人への譲渡または貸与。

2)他の会員または第三者のメールアドレスを転送先メールアドレスに指定すること

3)中傷・誹謗・猥褻等、公序良俗または法令に違反する文書・図画等の第三者への提供または掲示等。

4)公序良俗・法令に違反する行為。またはその恐れのある行為

5)他の会員のメールアカウント・パスワード・カスタマーナンバー等を不正に使用すること。

6)他の会員または第三者の財産、プライバシー等を侵害する行為

7)他の会員または第三者に迷惑、不利益を与える行為。

8)事実に反する、またはその恐れのある情報を提供する行為。

9)コンピュータウィルス等を頒布する行為

10)メールによる無差別的な営業活動

11)CCJのパーフェクトメールサービスに支障をきたす恐れのある行為。

12)その他、CCJが不適切と判断する行為。

第14条 パーフェクトメールサービスの提供
CCJは事前に会員に通知することなくパーフェクトメールサービスの変更または部分的 改廃ができるものとします。
第15条 パーフェクトメールサービスの中止・中断

1)CCJは以下の各項に該当する場合、パーフェクトメールサービスの提供を中止することがあります。

1. CCJの電気通信設備・その他の設備の保守、工事、または移転のため止むを得ない場合。

2. CCJの電気通信・その他の設備に障害または不慮の事故が発生した場合

2)前項の規定により、パーフェクトメールサービスの遅延・中断が発生してもCCJは一切の賠償責任を負わないものとします。

第16条 パーフェクトメールサービスの廃止

1)CCJは都合によりパーフェクトメールサービスの提供を廃止することがあります。

2)CCJは前項の規定によりパーフェクトメールサービスを廃止する場合及び特定のメールアドレスの使用を停止する場合、CCJが適切と判断する方法で会員に通知することとします。

第17条 免責

1)CCJはパーフェクトメールサービスの内容、及び会員がパーフェクトメールサービスを通 じて得る情報等について、その完全性、正確性等いかなる保証も行いません。

2)CCJはパーフェクトメールサービスを通じて登録、提供された情報等の流失、消失、 第三者の不正なアクセスや事故による流出等による会員の損害に対して一切責任を負いません。

3)CCJはパーフェクトメールサービスの提供、停止、中断、中止、遅延、廃止により発生した一切の会員側の損害、及び会員が電子メールサービス利用時に生じた一切の損害・不利益に対して、いかなる責任も負わないものとします。

4)その他、パーフェクトメールサービスに関連して発生した会員の損害について、一切責任を負いません。

第18条 契約申し込みの拒絶
CCJは本サービスの申込者が過去に事故履歴の有る場合及び契約上の義務を怠る恐れのある場合には申し込みを承諾しないか、または事後であっても申し込みを取り消す場合があります。
第19条 会員情報の削除

1)第5条、第6条の規定にも関わらず、CCJまたはCCJが指定した者は会員情報の削除義務を負うものではありません。

2)第5条、第6条、本条の規定に従い、会員情報を削除したこと、または会員情報を 削除しなかったことにより、会員または第三者に発生した損害について、CCJは一切責任を負いません。

第20条 本規約の発行
本規約は、お客様の申し込みにより、CCJが会員ID及びメールアドレスを発行した時点より効力を生じます。
第21条 規約の実施
本規約は2004年9月9日から実施します。
第22条 協議・合意管轄裁判所

1)パーフェクトメールサービスの利用に関して、会員規約、各利用規定により解決できな い問題が生じた場合には、CCJと当該会員との間で双方誠意をもって協議し、これ を解決するものとします。

2)パーフェクトメールサービスの利用に関して、CCJと会員との間に係争が発生し、訴訟により解決する必要が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所 とします。

第23条 雑則

1)インターネット上での、会員情報・その他の情報の、漏洩・消失に関してCCJは一切の賠償責任を負いません。

2)サーバーのメンテナンス、回線の混雑等、その他いかなる場合においてもパーフェクトメールのサイト/サーバーに接続できないことによる、会員の損害についてCCJは一切責任を負いません。